抗うつ剤

うつ病の認知は日本でも広まり、一般企業でも休職理由として受け入れ始めています。うつ状態が立派な病気であると理解されるようになったことは、大変喜ばしい限りです。しかし、病気だからという理由で、抗うつ剤の服用が積極的に勧められている現状は、健全と言えるのでしょうか。またリスクはないのでしょうか。

 抗うつ剤の代表例は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)とSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)です。セロトニンやノルアドレナリンは脳の神経伝達物質で、幸福感を齎したり、意欲を醸成したりします。うつ病はこれらの物質が上手く分泌されないことで生じると言われており、SSRIやSNRIはそれらを脳内に保持する働きを有しています。

 SSRIやSNRIが囲うセロトニンやノルアドレナリンは、分泌後しばらく経ったものに当たります。神経伝達物質としての役割を終えたそれらを留めたところで、正常に機能してくれるのでしょうか。つまりSSRIやSNRIの服用で、幸福感や意欲が増すのでしょうか。俄かには信じられません。それにもまして気に掛かるのは、抗うつ剤の副作用です。脳の働きを変える薬なのですから、その副作用として脳機能に悪影響が生じることは十分考えられます。例えばSSRIの代表薬であるパキシルは、その添付文書の中に、「不安、パニック発作、攻撃性が生じる可能性がある」との記載があります。これらの副作用は抑うつ症状と比較して、軽いと言えるものでしょうか。因みに抑うつとは厚労省によれば、「不眠、食欲減退、気分の落ち込み、何事も楽しめない」等を指します。これらの症状が取るに足りないものだと言うのではありません。それ以上の副作用が生じているのです。

サプリメントのプラシーボ効果

多くのサプリメントのCMに共通するのは、体験談が組み込まれていることです。これにはメーカーの戦略が透けて見えるのですが、その狙いは、「プラシーボ効果で釣る」ことにあると言えるでしょう。サプリメントの効用には、間違いなくプラシーボ効果が含まれています。だからこそ、あれらのCMが功を奏しています。視聴者はCMを見て、「あの俳優のように喜びたい」「自分もあのサプリメントを飲めば・・」と思い始めます。元々「若くなりたい」という欲望が非常に強いため、次第に「もしかすると」ではなく「効くに違いない」と考えはじめ、遂には購入に至ります。こうなると、実際に服用しても客観的な判断が難しく、効いているとしか思えなくなります。これがプラシーボ効果です。何の説明もなく渡された錠剤をのみ続けても、変化を実感することはないでしょう。あれらのCMを視聴したからこそ、自分の痛みも消えたかのように思い込むのです。もちろん「プラシーボ効果だから悪質だ」と簡単に評価できるものではありません。サプリメントを服用するかどうかは、最後は自分自身の決断によります。思い込みであろうと、本人が痛みを感じなくなったのであれば、それも一種の効用と言えます。

 サプリメントの価格設定も、マーケティングに基づいた、したたかなものです。ピンきりではありますが、想像以上に安い商品は先ず見かけません。値段が効用を保証するかのように錯覚する心理に訴えかけるため、やや高めの設定がほとんどを占めています。1万円以上するサプリメントは、効用が高いからではないかと、客に思わせるのです。

競争の激化

薬局同士が競争してしまうことを、同質的な競争とも言うようですが同業他社と競争をしてそれに打ち勝つためには、商品や価格や業務内容などが大きく異なっているということが重要なわけです。商品で言えば、ほとんど他の会社には置いていない商品をドラッグストアなどに並べるなど、そして大量に薬を仕入れることで薬の価格自体を周りの会社よりも下げるということ調剤の手順などに関しても高齢者などが来やすいように非常にシンプルにして業務内容が分かりやすい状態を常に作り出しておくということは、何よりも重要であるといえるでしょう。確かに、ドラッグストアや調剤薬局に来る患者というのは千差万別で様々な事情を持ってくるということがあって、それを同様に扱ってしまえば、難しい事態を招くということは容易に想像できるわけですが、これまでは必ず需要があるものが薬局であるというような考え方が蔓延していたため、このような事態に対処しようという人もほとんどいなかったということは言われるかもしれません。特に、小さな調剤薬局はこれから生き残っていくためには、子供の待機室を作ってあり、待合室などで水などを飲み放題にしておく他、様々な健康を扱った雑誌などをしっかりと並べておく他、清潔感を保つようにするなど様々な工夫をしておくことでお得意様をいくつも作っておくというような形を作っていくことが、非常に重要だと言います。さらに、マンパワーを増やして、人と人との積極がうまくいくように工夫をしていくということが今後の業務携帯をスムーズに進めていく上で何よりも重要であると言えなくもありません。

門前薬局などについて

門前薬局という言葉を皆さんは聞いたことがありますでしょうか?大きな病院のすぐ近くに薬局がある形式のことを、門前薬局という風にいい大きな病院の中に調剤施設がない場合には、すぐ近くに薬局が複数立つということがよく言われています。病院のほとんどは潰れるということがほとんどないため、安定して収入を薬局側が得ることができるのが大きなメリットとなっているため、昔から広くと深夜地方を問わず用いられてきたと言えるでしょう。集客力が強い地域のすぐそばにビジネスを始めるということはビジネス自体の鉄則であると思いますし、それを忠実に評価に値すると言えるでしょう。調剤薬局の場合も例に漏れずほとんどの場合は大きな病院の指示に従うような形で建てている場合も多いとも入れています。このような中でほとんど今後のビジネスモデルを考えないようにしているところなどでは、今後の経営が危ぶまれる事態を招きかねないということは注意しておく必要があります。そのような中でどのようにして生き残れば良いのかといえば、第一に考えられるてんとしては、患者とのコミュニケーションを積極的に摂るということが特に調剤薬局などの場合には様々な商品を置いてあるというケースは少ないため、患者一人一人の 処方する薬などを把握しやすいという点はあげられると思います

薬局のビジネスモデル

これまで何度も日本薬剤師会などが発表しているデータなどでは、医療と薬業の分担を進めると言うことが低減されてきており、7割近くがそれに従っているという地域もあったりするなど、一定の効果を上げているということはあるかもしれません。しかし昔はそれで良かったと考えられているものでも、日本の人口が大きく減少傾向にあるなどして母数となる患者数が大幅に減ってしまった中ではいくら分業したとしても患者の数が少ないため儲けが結果的には大幅に少なくなってしまうというケースにも遭遇しているという話を聞いたことがありますし、東北のある地方などでは処方箋自体の数が減少しているということで医療と疫病の分担が果たして正しかったのかどうかということも、検証の余地を残していると言わざるを得ない状況が、続いているということです。こういう中で重要なのは実質的な患者の数が何人であったかということを常に具体的に把握しておくということです。患者の数を無視したまま医療と薬業を分担し続ければ大きな混乱を招いてしまうということは自明であると考えられます。一般企業であればビジネスモデルが立ち行かなくなった場合には変換することができますが、国が主導して補助金などを出しながらモデルを誘導している場合にはなかなか企業単体では変えられないことが多いということがよく言われていますし、そのような中で、かなり苦労があるのそのような中でいったいどのようにして詰めていくのか、ということは医療従事者も注目していること、昔は薬局や病院と言えば一生安泰のようにも割れていましたが、様々な工夫を凝らして行かなければ生き残ることができない役職と居間においてはかなり難しい選択を迫られていると言えるてんはあるかもしれません。

今後の戦略について

ドラッグストア業界は数十兆円にものぼる売上を上げようという目標を掲げる一方で、人口の減少や高齢化社会によって店に行かない人が増えてしまったというケースがしばしば起こっている他、科学技術の発達によってインターネットを用いた ONLINE STORE が発達してきてしまったことによって、ドラッグストア自体にほとんど行かないという人も増えつつあると言われています。そのような中でドラッグストアという店舗を構える形式の企業はどのようにして生き残ればいいのかということが議論の的となることも多いようです。その解決策として挙げられているのが高齢者一人一人のニーズに合った対応することとして、実際に高齢者の自宅に出向いて薬を買ってもらうという形式を取ったりする他、地域により密着した形で例えば寒い地域であればその地域にかかりやすい病気に対応できる薬を多く揃えるなどして不測の事態に備えるなどです。かつての調剤薬局が今でも生き残っているところは地方では見かけますが、今やドラッグストアのような総合的な薬局であったとしても生き残るのが厳しいという時代に突入してしまっていることは、間違いありません。調剤薬局の中でも薬剤師だけが扱うことができる医薬品が第一類医薬品という風に言われるものですが、このような特殊な薬を扱っていたとしても、必ずしも売り上げが上がるとは限らない時代になってきているという自覚をもう少し持つべきかもしれません。

薬剤販売の状況

様々な厳しい状況が薬局協会を襲う中で、唯一安定した経営を続けているのがドラッグストアだと言われています。ドラッグストアとは、日本の流通業界で新しい会社の携帯であるとも言われています。今から40年ほど前に流行し、2000年代にかけて成長曲線が右肩上りになったと言われています。その理由として挙げられているのが大きなスーパーやデパートが台頭してきたことなどや、法律の緩和などによって参入しやすい状況が自然と作られていたことなどもあげられるほか薬自体が改良されることでより安くより効果が得やすい薬剤が手に入るようになったことで利用する機会が増加していったということもあるかもしれません。そもそも、このようなドラッグストアを経営している人こそ買って社会的な荒波の中でニーズを見据えながら会社を立て直してきた人でもあり、業務形態を調剤薬局からドラッグストアに変更するような形で経営を続けてきた人が多いということはあまり触れられることがありませんが、確かだと言えるでしょう。このような人たちというのはヨーロッパやアメリカなどのドラッグストアの業務形態などを参考にしながらそれを日本ナイズするような形で経営をスタートさせたと言われることが多いようです。ドラッグストアは医薬品などをメインに扱う従来の薬局とは大きく異なり日用品や消耗品などはもちろんのこと、冷凍食品も揃えるなど多くの品物を複数仕入れることで価格を抑えてカスタマー自身が様々な商品を選ぶことができると言うシステムを導入することで、 乗り切ってきているという節があるというふうに考えられます。今や日本の特徴ともなっているコンビニエンスストアと薬局をくっつけたようなものが、ドラッグストアの理想であるという風にある人が言うほど多面的な販売方法を実行に移し続けることがドラッグストアの成長に欠かせないものであったということは確かに言えるのかもしれません。実際のところドラッグストアが食品などを扱うことがまだ珍しかった時代には大きな批判が起きたこともありましたが、これも未来を見据えてのことであったと考えれば、先見の明があったという風に言わざるを得ないかもしれませんしドラッグストア同士の競争の中で生き残るためには仕方のない手段だったとも言えるでしょう。