SU類の違い‐「グリメピリド」、「グリクラジド」

「グリメピリド」、「グリクラジド」、「グリベンクラミド」はいずれも「スルホニル尿素類(SU類)」に分類される薬で、インスリン分泌を促進します。
「グリメピリド」には「インスリン抵抗性」を改善する効果があり、「グリクラジド」は「糖尿病性網膜症」を抑制する効果があります。「グリベンクラミド」には強力な血糖値低下作用があります。これらの薬は低血糖を起こしやすいため、使用する際には血糖値の変化に注意する必要がありますが、歴史がある薬のため値段が安く、使用実績も豊富なため、現在でもインスリンが少なくなっている種類の糖尿病の治療に広く用いられています。
「グリメピリド」は、膵臓に作用してインスリン分泌を促進するだけでなく「インスリン抵抗性」を改善する効果もあります。これは「グリメピリド」が糖輸送担体の活性化など、膵臓以外の臓器に対しても作用するためであると考えられています。「インスリン抵抗性」は内臓脂肪の増加に伴い増大することが知られています。日本人は欧米人と比べて内臓脂肪がつきやすいため、「グリメピリド」は日本人に適した薬であると言えます。
「グリクラジド」は、膵臓に作用してインスリン分泌を促進すると同時に、「網膜症」の進展を抑制する効果があります。これは、「グリメピリド」の抗血栓作用や血小板機能抑制作用によると考えられています。「網膜症」は糖尿病の三大合併症の一つとされているため、糖尿病治療において「網膜症」を防ぐことは非常に重要です。

薬が身近な日本人

 欧米では今や薬は諸刃の剣であると理解されています。抗生物質でさえ簡単に処方される日本が如何に遅れているかが分かるでしょう。ところで何故日本人は抗生物質を恐れないのでしょうか。医療業界でまことしやかに囁かれているのは、「二次感染を防げるから」というものです。つまりデメリットを凌駕するメリットがあると信じられているのです。しかしその認識が正しいとはとても言えたものではありません。抗生物質が二次感染を防ぐという仮説が十分なエビデンスで立証されたことはなく、科学的な認識とは言えないのです。また、プラシーボ効果を期待して抗生物質に頼っていると見る研究者もいますが、苦しい言い訳のようにも思われます。確かに抗生物質を処方してもらうと安心できる患者もいますが、だからといってそれに医師が乗ってしまうのは倫理から外れているのではないでしょうか。日本では抗生物質も含めて薬の価格が安いため、医師は気軽に処方してしまうという因子も見逃せません。

 薬の安さは意外な問題をも惹き起こしています。それは、処方してもらった薬に手を付けず、そのまま捨ててしまうというものです。製薬会社の調べでは、残薬の総額は400億円とされます。処方薬全体では10兆円前後ですから、いかに多くの薬が捨てられているのかお分かりになるでしょう。しかしこれでも判明している数字に過ぎず、実際は3兆円前後と推定されています。薬に纏わる日本の異常さはこれに留まりません。欧米では複数の薬を同時に処方するのは稀ですが、日本では何種類もの薬を1度に呑むことも珍しくありません。薬の危険性を軽視している証左とも言えます。

こうした日本における薬の現状は薬剤師求人を探す上で何かヒントになることもあるかもしれません。

知識として取り入れてみてはいかがでしょうか。

癌の宣告の受け止め方

 癌を宣告されれば、誰しも狼狽えるものです。それ自体は避けられませんが、多くの人が手術や抗がん剤にばかり頼ろうとするのは、西洋医療を過信し過ぎているように思われます。西洋医療を前提として余生を設計すると、仕事、趣味、人間関係の全てが病院に支配されることになります。まずは現代医学を相対的に捉えることで、自分に合った癌との付き合い方を探るように心掛けましょう。医師に頼ろうとせず、インターネットでも書籍でも構いませんから、情報収集に努めて下さい。そうすれば、癌患者同士のネットワークが広がり、他の患者のアドバイスを受けることが出来ます。例えばネット上には「癌患者の会」が設置しているサイトが存在しますから、参考にすると良いでしょう。医師から説明された治療方針については鵜呑みにせず、必ず自分自身で調べるようにして下さい。ネットで調べると、医師の提案した治療法の副作用等が分かりますから、自分の人生設計に適合するかどうかを熟考します。その際、セカンドオピニオンを求めるのも忘れないようにします。その上で、最終的に判断を下します。自分が一番納得のできる治療法を選択すると良いでしょう。

 ところで抗がん剤については今更説明するまでもありませんが、副作用の極めて強い薬であることを忘れないで下さい。間違いなく正常細胞を傷つけますから、傷ついた細胞は新たな癌細胞に変わる可能性もあります。しかも新たながん細胞を排除する免疫力は抗がん剤によって奪われており、悪循環が生まれてしまいます。手術や放射線治療は確実に免疫システムを弱めますから、ウイルスや細菌にさえ耐えられなくなります。最終的には肺炎や多臓器不全の発生リスクも覚悟しなければならなくなり、生活が楽しいものではなくなってしまうと思います。

癌の治療法

 癌が発生するメカニズムは、免疫システムが関係していると言われています。健康な状態では、日々発生する癌細胞を免疫システムが捕獲し、排除していると言われています。しかし何らかの原因で免疫力が低下すると、癌細胞の分裂を阻止できなくなるそうです。この分裂が数年以上続いてしまえば、病気としての癌に発展してしまうのです。癌細胞が癌化するのにかかる日数は免疫力次第とも言えるので、10年経っても発病しない人もいます。要は、免疫力を高めることが、癌に対する態度として最も優先されるべきはずです。

 癌が生活習慣の乱れで発生することは常識となっていますが、生活習慣が免疫力を上げたり下げたりしているのですから、その因果関係は当然と言えるのではないでしょうか。しかし日本では、免疫力を付けるための生活習慣が癌の治療法として重視されているとは言えず、専ら西洋医療に頼っているのが実情です。西洋医療に基づく癌の治療法とは、外科手術、抗がん剤治療、放射線療法を指します。西洋医療では癌は敵でしかないため、とにかく取り除こうとするのが最初の選択です。確かに患者にとっては、「癌を取り除く」ことこそ、最大にして唯一の治療法でしょうが、手術や抗がん剤は決して楽な選択肢ではありません。健常な部位も含めて容赦なく攻撃するため、患者のエネルギーは奪われ、免疫力も著しく低下します。癌の排除に最も必要な免疫力を低下させるのが西洋医療なのだとしたら、それを唯一の治療法として崇めることの愚昧さがお分かりになるでしょう。

癌の捉え方

現代の日本では、病気と「闘う」ことを素晴らしいことだと考える向きがあります。もちろん闘病に勤しんでいる人を否定するわけではありません。誰もが病気と無縁であれば、それ以上の幸福はありません。しかし闘うことばかりに気を取られてしまい、病気とは何かという本質的な問いを疎かにしている人も多いのではないでしょうか。病気は、身体に起こっている異常事態を、本人に自覚させる働きを持っています。ですから治療とは、その訴えに応えることに他なりません。病気は自分の身体が生成しているわけですから、自分の一部でもあります。自分の一部と「闘う」というロジックは、少々変だとも思えます。西洋医療は正に病気と「闘う」ことを眼目にして発展してきました。その結果、患部(自分の一部)に容赦ない攻撃を与え、患部が縮小することもある一方、様々な副作用で身体が痛めつけられることも少なくありません。

 綺麗事だと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし病気を敵視せず、自分の身体の一部として対応することは、表面的な美辞麗句ではありません。我々にとって最大の病である「癌」についても当て嵌まるのです。「癌」ですら我々の身体の一部だということを受け入れるのは相当に難しく、薬や手術に依存しがちです。しかし「癌」についてもう少し掘り下げると、「癌(細胞)」は我々の体内で毎日誕生している「分身」です。それも一日当たり1万個生まれています。そしてそれらは全身を巡っているナチュラルキラー細胞によって捕獲され、排除されているのですが、この仕組みが免疫システムであり、癌化する前に取り除かれているのです。つまり癌細胞をめぐって起こる現象が、薬も使わずに身体の中で完結しており、この免疫システムによって健康が保たれているのです。

ダイエット食品

サプリメントと並んでよく目にするのは、いわゆる「ダイエット食品」です。「食べるだけで痩せる」と謳う商品が多く、その多くは、3食の内の1食に充てられます。1日に摂取するエネルギーの合計を下げることを目標としたもので、ダイエット食品のエネルギーは相当に小さいとされています。人間の身体が正常に機能するためには、必ずエネルギーが必要です。そのエネルギーは食事から供給されるのが普通ですが、食事のエネルギー量が不足すると脂肪を分解して補う他なくなり、全身の余計な脂肪が消失するという仕組みです。

 この仕組みに乗って成功する人もいますが、彼らの中にはリバウンドしてしまう人も大勢います。ダイエット食品を食べている期間は指示通りの食生活を営めるのですが、その期間が過ぎると食欲が勝ってしまい、再び大食するようになります。つまりダイエット食品は根本的な解決を齎していないのです。大切なのは、「なぜ彼らは大食してしまうのか」について考えることであり、お座なりのダイエット食品には有用性がありません。

 リバウンドしてしまう人、大食してしまう人は、そのほとんどが何らかのストレスを抱えています。真にダイエットを成功させるためには、このストレスを生み出している原因を取り除かなければなりません。「簡単に痩せられる」という誘因は相当だからこそ売れているのでしょうが、自らに「本当に続けられるか」と問いかけることなく、安易に購入してしまうのは馬鹿げています。最近は短期に集中して、ジムでパーソナルトレーナーの指導を仰ぎながら筋肉トレーニングするプログラムも人気を博していますが、その高額な費用に見合った結果というのは「直後の体型」ではなく、「その後も体型を維持できること」であるべきでしょう。

抗うつ剤

うつ病の認知は日本でも広まり、一般企業でも休職理由として受け入れ始めています。うつ状態が立派な病気であると理解されるようになったことは、大変喜ばしい限りです。しかし、病気だからという理由で、抗うつ剤の服用が積極的に勧められている現状は、健全と言えるのでしょうか。またリスクはないのでしょうか。

 抗うつ剤の代表例は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)とSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)です。セロトニンやノルアドレナリンは脳の神経伝達物質で、幸福感を齎したり、意欲を醸成したりします。うつ病はこれらの物質が上手く分泌されないことで生じると言われており、SSRIやSNRIはそれらを脳内に保持する働きを有しています。

 SSRIやSNRIが囲うセロトニンやノルアドレナリンは、分泌後しばらく経ったものに当たります。神経伝達物質としての役割を終えたそれらを留めたところで、正常に機能してくれるのでしょうか。つまりSSRIやSNRIの服用で、幸福感や意欲が増すのでしょうか。俄かには信じられません。それにもまして気に掛かるのは、抗うつ剤の副作用です。脳の働きを変える薬なのですから、その副作用として脳機能に悪影響が生じることは十分考えられます。例えばSSRIの代表薬であるパキシルは、その添付文書の中に、「不安、パニック発作、攻撃性が生じる可能性がある」との記載があります。これらの副作用は抑うつ症状と比較して、軽いと言えるものでしょうか。因みに抑うつとは厚労省によれば、「不眠、食欲減退、気分の落ち込み、何事も楽しめない」等を指します。これらの症状が取るに足りないものだと言うのではありません。それ以上の副作用が生じているのです。

サプリメントのプラシーボ効果

多くのサプリメントのCMに共通するのは、体験談が組み込まれていることです。これにはメーカーの戦略が透けて見えるのですが、その狙いは、「プラシーボ効果で釣る」ことにあると言えるでしょう。サプリメントの効用には、間違いなくプラシーボ効果が含まれています。だからこそ、あれらのCMが功を奏しています。視聴者はCMを見て、「あの俳優のように喜びたい」「自分もあのサプリメントを飲めば・・」と思い始めます。元々「若くなりたい」という欲望が非常に強いため、次第に「もしかすると」ではなく「効くに違いない」と考えはじめ、遂には購入に至ります。こうなると、実際に服用しても客観的な判断が難しく、効いているとしか思えなくなります。これがプラシーボ効果です。何の説明もなく渡された錠剤をのみ続けても、変化を実感することはないでしょう。あれらのCMを視聴したからこそ、自分の痛みも消えたかのように思い込むのです。もちろん「プラシーボ効果だから悪質だ」と簡単に評価できるものではありません。サプリメントを服用するかどうかは、最後は自分自身の決断によります。思い込みであろうと、本人が痛みを感じなくなったのであれば、それも一種の効用と言えます。

 サプリメントの価格設定も、マーケティングに基づいた、したたかなものです。ピンきりではありますが、想像以上に安い商品は先ず見かけません。値段が効用を保証するかのように錯覚する心理に訴えかけるため、やや高めの設定がほとんどを占めています。1万円以上するサプリメントは、効用が高いからではないかと、客に思わせるのです。

競争の激化

薬局同士が競争してしまうことを、同質的な競争とも言うようですが同業他社と競争をしてそれに打ち勝つためには、商品や価格や業務内容などが大きく異なっているということが重要なわけです。商品で言えば、ほとんど他の会社には置いていない商品をドラッグストアなどに並べるなど、そして大量に薬を仕入れることで薬の価格自体を周りの会社よりも下げるということ調剤の手順などに関しても高齢者などが来やすいように非常にシンプルにして業務内容が分かりやすい状態を常に作り出しておくということは、何よりも重要であるといえるでしょう。確かに、ドラッグストアや調剤薬局に来る患者というのは千差万別で様々な事情を持ってくるということがあって、それを同様に扱ってしまえば、難しい事態を招くということは容易に想像できるわけですが、これまでは必ず需要があるものが薬局であるというような考え方が蔓延していたため、このような事態に対処しようという人もほとんどいなかったということは言われるかもしれません。特に、小さな調剤薬局はこれから生き残っていくためには、子供の待機室を作ってあり、待合室などで水などを飲み放題にしておく他、様々な健康を扱った雑誌などをしっかりと並べておく他、清潔感を保つようにするなど様々な工夫をしておくことでお得意様をいくつも作っておくというような形を作っていくことが、非常に重要だと言います。さらに、マンパワーを増やして、人と人との積極がうまくいくように工夫をしていくということが今後の業務携帯をスムーズに進めていく上で何よりも重要であると言えなくもありません。

門前薬局などについて

門前薬局という言葉を皆さんは聞いたことがありますでしょうか?大きな病院のすぐ近くに薬局がある形式のことを、門前薬局という風にいい大きな病院の中に調剤施設がない場合には、すぐ近くに薬局が複数立つということがよく言われています。病院のほとんどは潰れるということがほとんどないため、安定して収入を薬局側が得ることができるのが大きなメリットとなっているため、昔から広くと深夜地方を問わず用いられてきたと言えるでしょう。集客力が強い地域のすぐそばにビジネスを始めるということはビジネス自体の鉄則であると思いますし、それを忠実に評価に値すると言えるでしょう。調剤薬局の場合も例に漏れずほとんどの場合は大きな病院の指示に従うような形で建てている場合も多いとも入れています。このような中でほとんど今後のビジネスモデルを考えないようにしているところなどでは、今後の経営が危ぶまれる事態を招きかねないということは注意しておく必要があります。そのような中でどのようにして生き残れば良いのかといえば、第一に考えられるてんとしては、患者とのコミュニケーションを積極的に摂るということが特に調剤薬局などの場合には様々な商品を置いてあるというケースは少ないため、患者一人一人の 処方する薬などを把握しやすいという点はあげられると思います