癌の治療法

 癌が発生するメカニズムは、免疫システムが関係していると言われています。健康な状態では、日々発生する癌細胞を免疫システムが捕獲し、排除していると言われています。しかし何らかの原因で免疫力が低下すると、癌細胞の分裂を阻止できなくなるそうです。この分裂が数年以上続いてしまえば、病気としての癌に発展してしまうのです。癌細胞が癌化するのにかかる日数は免疫力次第とも言えるので、10年経っても発病しない人もいます。要は、免疫力を高めることが、癌に対する態度として最も優先されるべきはずです。

 癌が生活習慣の乱れで発生することは常識となっていますが、生活習慣が免疫力を上げたり下げたりしているのですから、その因果関係は当然と言えるのではないでしょうか。しかし日本では、免疫力を付けるための生活習慣が癌の治療法として重視されているとは言えず、専ら西洋医療に頼っているのが実情です。西洋医療に基づく癌の治療法とは、外科手術、抗がん剤治療、放射線療法を指します。西洋医療では癌は敵でしかないため、とにかく取り除こうとするのが最初の選択です。確かに患者にとっては、「癌を取り除く」ことこそ、最大にして唯一の治療法でしょうが、手術や抗がん剤は決して楽な選択肢ではありません。健常な部位も含めて容赦なく攻撃するため、患者のエネルギーは奪われ、免疫力も著しく低下します。癌の排除に最も必要な免疫力を低下させるのが西洋医療なのだとしたら、それを唯一の治療法として崇めることの愚昧さがお分かりになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です