抗うつ剤

うつ病の認知は日本でも広まり、一般企業でも休職理由として受け入れ始めています。うつ状態が立派な病気であると理解されるようになったことは、大変喜ばしい限りです。しかし、病気だからという理由で、抗うつ剤の服用が積極的に勧められている現状は、健全と言えるのでしょうか。またリスクはないのでしょうか。

 抗うつ剤の代表例は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)とSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)です。セロトニンやノルアドレナリンは脳の神経伝達物質で、幸福感を齎したり、意欲を醸成したりします。うつ病はこれらの物質が上手く分泌されないことで生じると言われており、SSRIやSNRIはそれらを脳内に保持する働きを有しています。

 SSRIやSNRIが囲うセロトニンやノルアドレナリンは、分泌後しばらく経ったものに当たります。神経伝達物質としての役割を終えたそれらを留めたところで、正常に機能してくれるのでしょうか。つまりSSRIやSNRIの服用で、幸福感や意欲が増すのでしょうか。俄かには信じられません。それにもまして気に掛かるのは、抗うつ剤の副作用です。脳の働きを変える薬なのですから、その副作用として脳機能に悪影響が生じることは十分考えられます。例えばSSRIの代表薬であるパキシルは、その添付文書の中に、「不安、パニック発作、攻撃性が生じる可能性がある」との記載があります。これらの副作用は抑うつ症状と比較して、軽いと言えるものでしょうか。因みに抑うつとは厚労省によれば、「不眠、食欲減退、気分の落ち込み、何事も楽しめない」等を指します。これらの症状が取るに足りないものだと言うのではありません。それ以上の副作用が生じているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です