門前薬局などについて

門前薬局という言葉を皆さんは聞いたことがありますでしょうか?大きな病院のすぐ近くに薬局がある形式のことを、門前薬局という風にいい大きな病院の中に調剤施設がない場合には、すぐ近くに薬局が複数立つということがよく言われています。病院のほとんどは潰れるということがほとんどないため、安定して収入を薬局側が得ることができるのが大きなメリットとなっているため、昔から広くと深夜地方を問わず用いられてきたと言えるでしょう。集客力が強い地域のすぐそばにビジネスを始めるということはビジネス自体の鉄則であると思いますし、それを忠実に評価に値すると言えるでしょう。調剤薬局の場合も例に漏れずほとんどの場合は大きな病院の指示に従うような形で建てている場合も多いとも入れています。このような中でほとんど今後のビジネスモデルを考えないようにしているところなどでは、今後の経営が危ぶまれる事態を招きかねないということは注意しておく必要があります。そのような中でどのようにして生き残れば良いのかといえば、第一に考えられるてんとしては、患者とのコミュニケーションを積極的に摂るということが特に調剤薬局などの場合には様々な商品を置いてあるというケースは少ないため、患者一人一人の 処方する薬などを把握しやすいという点はあげられると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です