薬局のビジネスモデル

これまで何度も日本薬剤師会などが発表しているデータなどでは、医療と薬業の分担を進めると言うことが低減されてきており、7割近くがそれに従っているという地域もあったりするなど、一定の効果を上げているということはあるかもしれません。しかし昔はそれで良かったと考えられているものでも、日本の人口が大きく減少傾向にあるなどして母数となる患者数が大幅に減ってしまった中ではいくら分業したとしても患者の数が少ないため儲けが結果的には大幅に少なくなってしまうというケースにも遭遇しているという話を聞いたことがありますし、東北のある地方などでは処方箋自体の数が減少しているということで医療と疫病の分担が果たして正しかったのかどうかということも、検証の余地を残していると言わざるを得ない状況が、続いているということです。こういう中で重要なのは実質的な患者の数が何人であったかということを常に具体的に把握しておくということです。患者の数を無視したまま医療と薬業を分担し続ければ大きな混乱を招いてしまうということは自明であると考えられます。一般企業であればビジネスモデルが立ち行かなくなった場合には変換することができますが、国が主導して補助金などを出しながらモデルを誘導している場合にはなかなか企業単体では変えられないことが多いということがよく言われていますし、そのような中で、かなり苦労があるのそのような中でいったいどのようにして詰めていくのか、ということは医療従事者も注目していること、昔は薬局や病院と言えば一生安泰のようにも割れていましたが、様々な工夫を凝らして行かなければ生き残ることができない役職と居間においてはかなり難しい選択を迫られていると言えるてんはあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です