薬剤販売の状況

様々な厳しい状況が薬局協会を襲う中で、唯一安定した経営を続けているのがドラッグストアだと言われています。ドラッグストアとは、日本の流通業界で新しい会社の携帯であるとも言われています。今から40年ほど前に流行し、2000年代にかけて成長曲線が右肩上りになったと言われています。その理由として挙げられているのが大きなスーパーやデパートが台頭してきたことなどや、法律の緩和などによって参入しやすい状況が自然と作られていたことなどもあげられるほか薬自体が改良されることでより安くより効果が得やすい薬剤が手に入るようになったことで利用する機会が増加していったということもあるかもしれません。そもそも、このようなドラッグストアを経営している人こそ買って社会的な荒波の中でニーズを見据えながら会社を立て直してきた人でもあり、業務形態を調剤薬局からドラッグストアに変更するような形で経営を続けてきた人が多いということはあまり触れられることがありませんが、確かだと言えるでしょう。このような人たちというのはヨーロッパやアメリカなどのドラッグストアの業務形態などを参考にしながらそれを日本ナイズするような形で経営をスタートさせたと言われることが多いようです。ドラッグストアは医薬品などをメインに扱う従来の薬局とは大きく異なり日用品や消耗品などはもちろんのこと、冷凍食品も揃えるなど多くの品物を複数仕入れることで価格を抑えてカスタマー自身が様々な商品を選ぶことができると言うシステムを導入することで、 乗り切ってきているという節があるというふうに考えられます。今や日本の特徴ともなっているコンビニエンスストアと薬局をくっつけたようなものが、ドラッグストアの理想であるという風にある人が言うほど多面的な販売方法を実行に移し続けることがドラッグストアの成長に欠かせないものであったということは確かに言えるのかもしれません。実際のところドラッグストアが食品などを扱うことがまだ珍しかった時代には大きな批判が起きたこともありましたが、これも未来を見据えてのことであったと考えれば、先見の明があったという風に言わざるを得ないかもしれませんしドラッグストア同士の競争の中で生き残るためには仕方のない手段だったとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です