競争の激化

薬局同士が競争してしまうことを、同質的な競争とも言うようですが同業他社と競争をしてそれに打ち勝つためには、商品や価格や業務内容などが大きく異なっているということが重要なわけです。商品で言えば、ほとんど他の会社には置いていない商品をドラッグストアなどに並べるなど、そして大量に薬を仕入れることで薬の価格自体を周りの会社よりも下げるということ調剤の手順などに関しても高齢者などが来やすいように非常にシンプルにして業務内容が分かりやすい状態を常に作り出しておくということは、何よりも重要であるといえるでしょう。確かに、ドラッグストアや調剤薬局に来る患者というのは千差万別で様々な事情を持ってくるということがあって、それを同様に扱ってしまえば、難しい事態を招くということは容易に想像できるわけですが、これまでは必ず需要があるものが薬局であるというような考え方が蔓延していたため、このような事態に対処しようという人もほとんどいなかったということは言われるかもしれません。特に、小さな調剤薬局はこれから生き残っていくためには、子供の待機室を作ってあり、待合室などで水などを飲み放題にしておく他、様々な健康を扱った雑誌などをしっかりと並べておく他、清潔感を保つようにするなど様々な工夫をしておくことでお得意様をいくつも作っておくというような形を作っていくことが、非常に重要だと言います。さらに、マンパワーを増やして、人と人との積極がうまくいくように工夫をしていくということが今後の業務携帯をスムーズに進めていく上で何よりも重要であると言えなくもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です