今後の戦略について

ドラッグストア業界は数十兆円にものぼる売上を上げようという目標を掲げる一方で、人口の減少や高齢化社会によって店に行かない人が増えてしまったというケースがしばしば起こっている他、科学技術の発達によってインターネットを用いた ONLINE STORE が発達してきてしまったことによって、ドラッグストア自体にほとんど行かないという人も増えつつあると言われています。そのような中でドラッグストアという店舗を構える形式の企業はどのようにして生き残ればいいのかということが議論の的となることも多いようです。その解決策として挙げられているのが高齢者一人一人のニーズに合った対応することとして、実際に高齢者の自宅に出向いて薬を買ってもらうという形式を取ったりする他、地域により密着した形で例えば寒い地域であればその地域にかかりやすい病気に対応できる薬を多く揃えるなどして不測の事態に備えるなどです。かつての調剤薬局が今でも生き残っているところは地方では見かけますが、今やドラッグストアのような総合的な薬局であったとしても生き残るのが厳しいという時代に突入してしまっていることは、間違いありません。調剤薬局の中でも薬剤師だけが扱うことができる医薬品が第一類医薬品という風に言われるものですが、このような特殊な薬を扱っていたとしても、必ずしも売り上げが上がるとは限らない時代になってきているという自覚をもう少し持つべきかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です