薬剤師の需要

実際問題として薬剤師を求める薬局や病院やドラッグストアの状況はどんなものかと言うととにかく薬剤師自体の数が大きく不足しており、不十分な状況が長く続いているようです。

実際のところ誰でも名前を聞いたことがある大手のドラッグストアや大手のチェーン薬局などが囲い込むようにして薬剤師を確保しているため、あまり十分に 中小企業や小さな薬局などは薬剤師の数が足りていない、薬剤師の求人を出してもなかなかよい人材が来ないという現状があるということです。

実はこのような現象というのが薬剤師業界だけではなく、医学部の現場でも起きているため注意をする必要があるということが言われているようです。

ドラッグストアは近年非常に競争が激しくなってきており、他店舗との差別化を図るために、薬剤師の専門性を高めるほか店に置く薬の種類をかなり専門性を尖らせるようにするなど様々な工夫をすることが求められている現場はあるのかもしれませんが、第一類医薬品などといった薬剤師しか取り扱うことができない薬をとにかく販売すれば良いというものではなく、過剰な競争が過剰な薬の在庫を抱えてしまうことにつながりかねないということを覚えておく必要があるのではないでしょうか。

薬剤販売の状況

一般的には店舗数が爆発的に増えている、大手のドラッグストアなどは今後も薬剤師の需要がどんどん増えていくという予測がされている他、1店舗あたりの薬剤師の数は変わらないと言われているものの、とにかく、一店舗の数自体を増やす作戦を取ると予測されていることは留意しておく必要があると言えるでしょう。

特に、近年では都市部に尋常ではない数のドラッグストアや調剤薬局が増えており確実に減るという予測はないわけですから他の所でパイを取れるように、例えば在宅医療を積極的に介入していく、地域とより密着した経営スタイルを確立していくことが今後の生き残りには重要だと言えます。対照的に薬剤師的な視点で見るならば今後も仕事がなくなるということはほぼなさそうですし、むしろ、給料などが引き上げられる可能性もあるわけですから、なるべく最新の薬剤師協会の情報や、薬剤師についてのコラムなどを読んで常に情報を耳に入れるようにしておき、流されないようにしておくことが重要だと言ってしまいそうですね。